トップページ > お手入れについて

お手入れについて

バラのお手入れの仕方

どんなバラも、お手入れでお花は長持ちします

「バラは好きだけど、切り花はあまり長持ちしない」「最後まできれいに咲かないうちに終わってしまう」
そんなふうに感じていませんか?
お手入れのコツをつかめば、これまでよりずっと長く、お花のきれいな表情が楽しめます。

トゲと葉を取り除きます

元気な葉は新しい証拠。しかし、花に届く水分量は、葉に水分が回る分だけ少なくなるのです。また、葉の量が多いとアレンジが重苦しく見えるので整理して取り除きます。
トゲはあると扱いにくいだけでなく、その花自体や周りの花材を傷つけることもあります。ローズギャラリーでは農場でトゲ処理を完了して出荷しています。
みずみずしい葉やトゲはバラが元気な証拠でもあるので、処理は取る必要がある分だけでOKです。

葉の取り除き方

葉をしっかり手で持ち、もう片方の手で葉の根元を持ちます。
そのまま真下に向けて折ると、葉は根元からポキっときれいに外れて、あとに細かい葉のクズも残りません。

水あげをしましょう

バラの水あげは、水中に浸したまま茎を切る「水切り」をします。
「水切り」は、切った瞬間そこに接触したものを吸う茎の性質を利用した方法です。
水中は水圧が付加されて水が押し上げられるため、より水があがりやすくなります。
また、切り口の断面積が大きいほど水を吸う力は強くなるので、斜めにカットして下さい。
茎をそのまま2秒間は水中に浸し、切った直後は空気に触れないようにします。
ハサミやフローリストナイフの清潔さ、切れ味のよさが水あげの効果を左右するので、お道具のお手入れは欠かさずに。

水あげの仕方

清潔で切れ味の良いハサミまたはフローリストナイフ、水をためた深めのボウルなどを用意。茎とハサミを水に浸して切り口から3cm以上上に刃を当て、勢いよくカットします。

元気がないと思ったら 深水→湯あげ

ちょっと元気がない・・・と思ったら、もう一度水切りをして「深水」に入れましょう。
深水は水の深さに比例する水圧の力で水を押し上げる方法です。周囲を新聞紙で覆うと葉からの蒸散が抑えられ、曲がった茎や葉の形を整えることもできます。
それでもまだ元気がない場合には「湯あげ」をして下さい。
熱湯に茎の先をサッと浸けたあと、冷水に浸けるこの方法は、急激な温度変化が茎の中の空気圧を変え、水があがります。花を休ませるため、そのまま1時間ほど水に浸します。

深水

花が隠れるくらいまで、新聞紙をしっかり巻いて留めます。もう一度水切りをして、すばやく深い器の中へ。花首のすぐ下まで深い水に浸けて、冷暗所に一時間以上置きます。

湯あげ

熱湯や蒸気で花や葉が傷まないように新聞紙を巻き直します。60℃以上のお湯に茎の先3~4cmを浸し、色が変わるまでひと呼吸置き、素早く深めの冷水に。そのまま冷暗所で一時間以上置きます。

毎日のケアを欠かさずに・・・

せっかくいけた花ですから、なるべく長く楽しみたいものですね。傷んだ葉や花がらは取り除き、1日1回水替えをして下さい。同時に茎や器のぬめりを洗い流してから切り戻しを。新しい切り口にして茎の吸収力を回復させます。切り戻しで丈が短くなったら花器も替え、いけ直して楽しみましょう。
それらの手間を省けるのが、最近花屋さんで花を買うとつけてくれる花の延命剤。水を長く清潔に保ち、茎の汚れをつきにくくします。水に浸かった茎は腐りやすくなるので、水は浅めに入れて下さい。

あしらい方を変えて

切り戻しは茎の先約1cmのところでカットします。丈が短くなり、傷んだ花も取り除いたら、小ぶりの器にいけ直しましょう。最後に花首や花びらだけになっても、器に浮かべて楽しめますよ。

バラ専用の延命剤

栄養を与えてきれいに咲かせると同時に、水中に発生するバクテリアを抑えて除菌します。
水1ℓに対してバラ専用の延命剤を50cc 程度入れます。水替えはせずにバラ専用の延命剤入りの水をつぎ足して下さい。